ユーカーパックは入札が入らないって本当?売れない時の対策法を解説

ユーカーパックを利用したという人のなかには、出品はしたものの入札がなかなか入らず売却先を検討するところまでいかないという人も多いようです。

 

また、実際に現在ユーカーパックを利用していて入札がなかなか入らず困っているという人も中にはいるかもしれませんね。

 

確かに、ユーカーパックはオークション形式ですので場合によっては入札がなかなか入らないこともあります。

 

ただ、今までの経験からすると、余程ボロボロで方の古い車でない限りは入札が入ることの方が多いと思います。

 

入札が入らない場合に考えられること

ユーカーパックに出品したのに入札がなかなか入らないという場合に考えられるのは以下の2点でしょう。

  • 最低希望落札額が高すぎる(売る気がないと判断されている)
  • 年式が古く車体がボロボロである場合

年式が古すぎて売れる見込みが無い場合や、ボロボロすぎて買い手がつかないだろうと思われる場合には、ユーカーパックの査定士が出品前にその旨を伝えることがほとんどです。そのため、基本的には『最低希望落札額が高すぎる』という方が理由としては多いと考えられます。

 

実際に現在出品していて、なかなか入札が入らないと悩んでいる場合には、最低希望落札額を確認してみましょう。相場と比較して、高すぎる設定をしていないでしょうか?

 

もちろん、あくまでも希望額ですので、ここは自由な金額を書いてOKです。しかし、相場に対して明らかに高すぎる金額を記載している場合には、買取業者としても『本当は売る意思がないのではないか?』と疑いの目を持ってしまいます。

 

例えば、平均相場50万円の車に対して、100万円などという倍近い金額を設定している場合には入札自体がなかなか入らないということも十分考えられます。この場合には、相場近くまで希望額を下げることによって、売る意思を伝えることが大切でしょう。

 

ただし、弱気になる必要もない

入札が入らないなら必ず相場に合わせた金額設定をしなければならないのか?というと、そういうわけでもありません。上でも書いていますが、あくまで希望額ですので自分の納得いく最低額を書くのが一番です。

 

実際、最低落札額を高めに設定しても十分入札が入る可能性はあります。例えば、以下の例を見てみてください。

 

 

これは平均買取相場20万円〜30万円の車を出品した際のユーカーパックの入札履歴です。

 

相場が20万円〜30万円なのにもかかわらず、最低希望落札額を35万円と相場よりも高い金額に設定していることが分かります。

 

しかし、それでも入札履歴を見るとわかる通り、最低落札希望額に届いていないながらも入札が2件入っているのが分かりますね。

 

結局、この車はユーカーパック担当者が先方と交渉をしてくれたようで、20万円以上で売却をすることができたそうです。

 

このケースからも分かるように、確かに相場とかけ離れた金額を希望額として入れるのは間違っていますが、相場よりも数万円上乗せしたくらいでは十分入札が入るということがいえますね。

 

入札が入らない場合や納得いかないときには再出品も可能

もし入札が本当に入らないという場合には、再出品をすることが可能です。価格や条件、アピールポイントなどを見直して再出品をすることで、入札が一気に入ることも珍しくありません。

 

また、入札が入ったとしても最低希望落札額に届いていない場合や、入札金額が低すぎるという場合には、無条件で2回までは再出品をすることができます。

 

この再出品が許されているというのは売り手にとってとても大きなメリットだと思いますので、ぜひ有効活用して高額買取に活かしてみてください。

TOPへ