比較してみよう!ユーカーパックと一括査定の違いをわかりやすく解説!

車を売却する際には、ディーラーでの下取りや一括査定などが一般的には有名です。

 

ユーカーパックは画期的な売却システムと言われていますが、具体的にどのような部分が従来のサービスと違うのでしょうか?

 

以下、わかりやすいように一括査定とユーカーパックを比較した場合の違いについてみていきましょう。

 

ユーカーパックと一括査定を色んな要素で比較してみる

ユーカーパックと一括査定をさまざまな要素から比較してみました。以下、比較表になります。

ユーカーパック 一括査定
個人情報の引き渡し先 ユーカーパックのみ それぞれの買取店(複数社)
申し込み後の電話連絡 ユーカーパックのみ それぞれの買取店から一斉
買取価格 一括査定よりやや低い可能性 最高額で売れる
交渉 直接交渉はできない 直接交渉できる
査定時間 1時間〜2時間 30分〜1時間
売却代金の受け取り ユーカーパックから それぞれの買取店から

 

個人情報の引き渡し先

車を売却するためには、査定価格の連絡や振込口座の登録手続きなど、一定の個人情報を引き渡す必要があります。

 

この個人情報の引渡し先が、一括査定の場合だと、それぞれの買取店に引き渡すことになるのですが、ユーカーパックの場合だとユーカーパック1社のみでOKです。

 

個人情報についてはできる限り慎重に扱った方がいいのは間違いありません。引き渡し先が少なければ少ないほど個人情報漏洩のリスクは低くなりますので、ユーカーパックのように1社のみというのは嬉しいポイントです。

 

申し込み後の電話連絡

ユーカーパックも一括査定も、ネット経由で査定の申し込みをした場合、登録の際に記載した電話番号へと電話がかかってきます。

 

この電話が、一括査定の場合には一斉に複数社からかかってくるのですが、ユーカーパックの場合には1社のみです。これはトップページでも解説しているように、ユーカーパックの大きなメリットのひとつでもあります。

 

一括査定を利用した人の多くが抱く感想として、『電話がうざい』というものがあります。買取店も仕事ですし、競争なので仕方ありませんが、それでも申し込み直後に掛かってくる電話の嵐を体験してしまうと抵抗感を抱く人は多いようです。

 

その点、ユーカーパックは電話番号を買取店に直接知られる心配がないので、ユーカーパック1社のみからの電話で完結します。

 

買取価格

もちろん車種やスペック、時期などによって異なるので一概には言えませんが、買取価格は一括査定の方が高めに出る傾向にあります。

 

価格差についても一概にはいえませんが、一括査定とユーカーパック両方を体験したユーザーの感想だと、数千円から数万円程度の開きがある場合が多いようです。

 

なぜ一括査定の方が高く売れるのか?という理由については、以下の交渉が大きく影響しています。

 

交渉

一括査定では買取店と直接交渉ができますが、ユーカーパックでは買取店との直接交渉はできません。あくまでもユーカーパックが査定したスペックを基に、オークション参加者の買取店が入札するだけで、入札後に直接価格交渉をする機会は設けられていません。

 

直接交渉をすると、数万円程度であれば上がる可能性があります。これがユーカーパックと一括査定で価格差が生まれる大きな理由なんですね。

 

ただ、なかには価格よりも『直接交渉をする方が嫌だ』という人も多いので、どちらが良いかというのは人それぞれの価値観によるところが大きいです。

 

ちなみに、ユーカーパックでも若干の要望や価格交渉については担当者を介することで、間接的に交渉をしてくれる場合はあります。

 

査定時間

査定時間はユーカーパックよりも一括査定の方が短いと一般的には言われています。状況によりますが、ユーカーパックが1時間〜2時間程度かかるのに対して、一括査定はその半分の30分〜1時間程度で済むことが多いです。
ただし、一括査定の場合には複数社が査定を行うということは忘れないようにしましょう。上記の時間的目安はあくまでも1社あたりの査定時間であって、査定する会社が増えれば増えるほど長くなります。

 

これに対し、ユーカーパックの場合にはユーカーパックの査定士のみが査定をするため、査定は1回限りです。そのため、トータルで見るとユーカーパックと同じか、むしろ一括査定の方が時間がかかることが多いのです。

どうしてユーカーパックの査定時間は長いの?

 

これはユーカーパックの査定がとても慎重に行われるからです。
ユーカーパックの仕組みを見るとわかる通り、オークションに参加する買取店はユーカーパックの査定結果を参考にして入札と価格を決めています。ということは、ユーカーパックの査定が適当だと、買取店や売主である我々ユーザーに大きな不利益が発生する可能性があるわけです。
万が一でも見落としなどがあると、ユーカーパック全体の信用が失墜しますので、通常の一括査定よりも慎重に行われているのです。

 

売却代金の受け取り

ユーカーパックの場合、売買契約が成立した後の売却代金の受け取りはユーカーパックから行われますが、一括査定ではそれぞれの買取店から直接振り込まれます。

 

これだけ見ると大きな違いはないように感じるかもしれませんが、買主と支払い主が違うということは売買契約後の減額や不払いなどのトラブルに遭遇する可能性が低く、ユーザーにとっては安心することができる仕組みなんです。

 

減額や不払いといったトラブルは全体から見るとごくわずかしか起こっていませんが、それでも一定数遭遇したことがある人はいます。

 

この点においても、買取が決まった時点で支払額をしっかりとホールドしてくれるユーカーパックは安心できるといえるでしょう。

TOPへ