ユーカーパックの仕組みを超分かりやすく解説

 

ユーカーパックは今までになかった画期的な一括買取システムです。一括買取というよりも、オークションをイメージした方が分かりやすいかもしれません。

 

今まで車の一括査定は使ったことがあるという人も、ユーカーパックの仕組みについて改めて聞かれると『よくわかっていない』という人も多いのが実情です。

 

ということで、ここではユーカーパックの仕組みを詳しく解説していきたいと思います。サービス開始からほんの数年で全国規模に成長した人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

 

ユーザーは買取会社と直接コンタクト無し!

通常、車の買取をする場合には必ず買取店とやりとりをする必要があります。やり取りをしなければ車だって査定してもらえませんし、売却代金も受け取ることができないので当然ですね。

 

しかし、ユーカーパックの場合にはこの面倒な買取店とのやり取りをしなくて済みます。買取店と売却主である私たちの間にユーカーパックが入り、売却代金の受け取りまでの一連の流れをすべてやってくれるんです。ここがユーカーパックが画期的といわれる理由のひとつですね。

 

車買取のなかでも特にトラブルの多い売却代金の受け取り手続きすらもユーカーパックが代行してくれることで、知識がない人でも安心して車を売却することができます

 

交渉やセールストークを聞かずに済む

ユーカーパックでは、買取価格を決める査定自体も買取店ではなくユーカーパックが行います。ユーカーパック専属の査定士が来てくれて、車を独自の基準で査定してくれるんです。

 

この査定結果をもとに、ユーカーパックがおおよその査定額をはじき出します。

 

一括査定の場合には複数社の営業トークを聞かされ、『ぜひうちに売ってください!』と食い下がられますが、ユーカーパックではそのようなこともありません。あくまでも売るかどうかは売却主である私たちにゆだねられるので、落ち着いて判断することができます。

 

『車についてよくわからない』という人や、『口下手で直接交渉なんてできない』という人であっても、買取業者のペースに乗せられて不利な取引をさせられる心配がないというのは売り手にとってとても大きなメリットだといえるでしょう。

 

ユーカーパック独自のオークションシステム

出されたおおよその査定額に満足した場合には、全国の買取店と提携を結んでいる独自のオークションサイトに掲載され、買い取りたいお店が入札をしていくという形式になります。

 

一括査定は複数社が競合するために自動的に査定額が吊り上がっていくという点にメリットがあります。

 

一方、ユーカーパックではオークション制度を採用することによって、自動的に金額が吊り上がっていく仕組みを構築したわけです。

 

どちらがいいかは人それぞれですが、手間がかからないのは明らかに後者のユーカーパックです。一括査定は上手く交渉をすることができれば一般的な相場よりもかなり高めに買い取ってもらえる可能性がありますが、複数社との交渉は意外と体力を使います。この労力を省けるというのは個人的にとても大きなメリットだと考えています。

 

中古車のオークションは業者間では当たり前だった

車好きの人であれば知っている人も多いと思いますが、実は中古車のオークションは業者にとっては当たり前です。

 

一般的にオートオークションと呼ばれるこのオークションでは、買取専門店が買い取った中古車が多数出品されます。そして、全国の中古車販売店がこのオークションを見て競り落とすわけです。

 

有名どころで言うと、TAA(トヨタオークション)やUSS(User car System Solution)などがありますが、これらが中古車販売店の大切な仕入元になっているんです。

 

仕入元なので、当然店頭販売されている中古車よりは圧倒的に安いです。しかし、このオークションは業者のみが参加できる権利を持っているため、個人が参加することはできません。

 

ユーカーパックは、まさにこのオートオークションの仕組みを一般大衆向けに作り上げた画期的な買取システムなんです。買取店にとっては仕入元が増え、売り主である私たちにとっては面倒な手続きをせずに済む。両社にとってうれしい仕組みこそが、短期間でここまで人気になった理由なんですね。

TOPへ