ユーカーパックの買取や査定はどこまでならキャンセルが可能?

 

ユーカーパックでは、査定を受けるだけであれば無料で利用することが可能です。ただ、一定の手順を踏んでしまうと必ず出品しなければならない(キャンセルできない)という状態になります。

 

ここをしっかりと理解していないと、『ただ買取の概算額を知りたかっただけなのに!!』ということになってしまいかねません。

 

後から後悔しないためにも、事前にどこまでであればキャンセルが可能なのか?をしっかりと理解しておきましょう。

 

出品していて、希望落札額に届いている場合

結論から書くと、『出品していて、希望落札額に届いている場合』にキャンセルが不可能になります。

 

逆に言えば、ここまでであればキャンセルが可能ということです。

 

ユーカーパックの買取の流れを具体的に解説という記事でも具体的に解説していますが、ユーカーパックでは実際の査定を受けてから電話で査定額の連絡をもらいます。このときが最終的な判断ということです。

 

自分の希望する金額に届いていなかった場合には、この時点でしっかりとキャンセルの意思を伝えるようにしましょう。

 

出品してからのキャンセルには違約金がかかる

もし出品をして、最低希望額に届いているにも関わらずキャンセルをした場合には違約金が発生します。

 

この違約金については、公式サイトにも掲載されている以下の規定を参考にしてみてください。

 

第31条(違約金)

 

1.以下の各号のいずれかに掲げる場合、出品者(販売者)は、当社に対し、違約金として当該各号に掲げる金額を支払うものとします。
(1)本取引成立後の販売者の責による本取引の中止:10万円
(2)第19条第1項で定める所定の期限までに、当社に当社所定の必要書類を引き渡さなかった場合:5万円、以降7日ごとに1万円
(3)第19条第1項で定める所定の期限までに、当社および購入者または購入者が指定する陸送会社に対象車両を引き渡さなかった場合:5万円、以降7日ごとに1万円
(4)UcarPAC利用規約の違反の程度が著しいと認める場合(車両を落札したユーザー出品車両落札事業者への直接的な連絡した場合を含む。):5万円
(5)24条に定める自動車税・軽自動車税の納付書を当社が指定する期日までに送付しなかった場合:5万円
2.前各項に定める違約金の支払義務は、本取引の売買契約の不成立または解除の場合においても消滅しないものとします。

 

これによれば、自分都合でのキャンセルには約10万円の違約金が発生するとのことです。

 

一度『出品します』と言ったからには、途中で『気が変わったからやめた』というのは通用しないということを確認しておきましょう。

 

普通であればしないとは思いますが、販売店やユーカーパックにも迷惑がかかる話ですので、この点は注意してください。

 

実際の査定を受けた段階でしっかりと判断する

ユーカーパックのシステム上、ネットから査定申し込みをした場合には2回査定額の概算を知ることができます。

 

1回目はネットで申し込みをしたとき。この段階では査定額が幅を持って画面上に表示されます。2回目は実際の査定を受けた後の電話。この段階ではより具体的な査定額を知ることができます。

 

1回目の概算でもある程度正確な査定額を知ることはできるのですが、非常に簡易的な査定になるため正確な金額を知ることはできません。そのため、実際の査定があるのですが、この段階ではかなり正確な金額が出ます。

 

具体的には、オプションや装備品、ボディの状態など、あらゆるポイントが計算されて査定額に反映されます。そのため、ここから数十万円もの大幅アップはまず見込めないので、この段階で不満があれば出品はしないほうがいいでしょう。

 

とにもかくにも、まずはオンライン査定をしてみないことには始まりません。オンラインで概算を導き、実際の査定を受けて相場を知ってみるというだけでも、愛車を高く売るためには必要なことだと思います。

TOPへ